ELECTRICAL CONDUCTIVITY

電気伝導率の抑制

野菜の収穫

改質後の電気伝導率の上昇を抑制

電気電動率は土中の塩類濃度の指標です。塩類濃度が高くなると、電気を通しやすくなり、電気伝導率(EC値)が高くなります。そのため植物が養分や水分を吸収することが難しくなり、育つには不向きな環境とされています。​​従来の改良材を使用すると、改良後の電気伝導率(EC値)が大幅に上昇することが多く、植生には悪影響でした。グリーンアースは、複数の改質効果を確保しながら電気電動率の上昇も抑制します。そのため、圃場整備などの農地や耕地での再利用が可能です。

添加量における電気伝導率の変化事例
電気伝導率
未処理
CS
CM
0kg/㎥
45.2
40kg/㎥
55.3
54.4
80kg/㎥
53.5
52.3